居間



茸狩りから帰って来た一時、絵を描き終えた至福の時、食後の一服に浸る時など、部屋で寛ぐ際にいるのがこの空間。
また、来賓がまず案内されるのもこの場所であり、採光が多く、狭いながらも落ち着ける一角となっている。